2009年02月16日

工場の派遣社員で使う機械について

派遣社員を工場でする場合、たくさんの機械を扱うことになります。
あらかじめどんなものがあるか頭に入れておくと派遣社員を始めた時に慌てなくてすみます。

派遣社員を工場でするときに、一番多く使うことになるのがPOSレジです。
会計機能のほかに宅急便の受け付けやチケットの発券など色々な機能がついているのが特徴です。

また工場によって少しずつ機械が違うようです。
本部とPOSレジはつながっており、商品を販売した時点でその情報が伝わるようになっています。

また検品用などに使うスキャナ端末や、ハンディ端末と呼ばれる発注用のハンディパソコンがあります。
これは慣れれば扱いは簡単で、1台1台が小さなコンピュータという感じです。

コピー機も工場で派遣社員をする時はきちんと使い方を覚えなければならない機械のひとつです。
コピー機の使い方がわからないお客さまに使い方を教えたり、用紙がなくなったら補充したりすることも大切な仕事のひとつです。

工場によっては写真の現像ができるものを置いているところも増えています。

派遣社員を工場でする場合、使う機械はますます複雑になってきているといえます。

店内の床掃除をするためのバフィグマシンもよく扱います。
このバフィグマシンという機械を使った作業は慣れれば楽しいものです。
床を磨いて光沢をだしていくのです。

これ以外にも、レンジでお弁当を温めたり、ハンドベラーという機械で値段シールをつけたりします。
この2つも工場の派遣社員で使う代表的な機械です。


高収入の職業 
公務員の給料 
マーケティング戦略 
法定相続人 
携帯電話の歴史 
旦那の浮気 調査 
posted by buppansite at 00:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。